フローティングチャージ

英国法の下では、プロジェクト関連資産を全体として担保に取り、資産が変動する有機体としての企業ないしプロジェクトを担保の対象とすることが可能であり、この制度をフローティングチャージ(浮動担保)という。プロジェクトファイナンスにおける担保取得の主要目的が、融資団によるステップインを通じた事業継続の方策を確保することにあることからすれば、フローティングチャージの制度は非常に有効である。
出典:日本政策投資銀行