GDP

GDP

読み方:ジーディーピー
別名:国内総生産
英語表記:Gross Domestic Product

GDPとは、その国で新しく生み出された生産物やサービスの付加価値額の総額のこと。国内総生産ともいう。

GDPは、その国の景気の状態を表す経済指標の1つとして用いられることが多い。GDPは、その国が四半期ごとに発表することが多い。なお、付加価値額とは、生産額から原材料を差し引いた額のことである。

ちなみに、その国、および、その国の海外企業などが新しく生み出した生産物やサービスの付加価値額の総額を、GNP(国民総生産)という。

GDP

読み方:ジーディーピー
生産面でとらえた国民所得(付加価値額)のことで、一定期間内に生産された財貨・サービス(産出額)から原材料として使用された財貨・サービス(中間投入額)を差し引いたもの。内閣府経済社会総合研究所が作成する。なお、国内総支出の名称の変更に伴い、「国内総生産(生産側)」(GDP:Gross Domestic Product (production approach))と変更されている。

〔GDP統計=国民所得統計〕

出典:経済産業統計