一般会計

一般会計 – 財政資金対民間収支

国が、様々な財政活動を行っていく上で必要となる収入及び支出を経理する基本的な会計のことで、特別会計に属さないものすべてとなります。

一般会計では、租税、印紙収入、国債(新規財源債)の発行による収入等を主な財源とし、これによって社会保障、教育、公共事業、防衛など、様々な経費を支払っております。一般会計には、特別会計のように手元現金の範囲でしか支払ができないという制約(支払元受高制度)がないので、国庫金全体の残高から流用して支払うことが可能となります。このため、一般会計の手元現金は通常マイナスの状態で年度内を推移します。この主な要因は、一般会計の支出は年度当初から行われることに比べて、租税や国債発行等による収入が遅れることによります。

財政資金対民間収支(対民収支)上の「一般会計」は、「租税」、「税外収入」、「防衛関係費」、「公共事業費」、「地方交付税交付金」、「義務教育費」、「社会保障費」及び「その他支払」に区分されます。このうち、「租税」、「税外収入」は基本的に受入に関する項目であり、その他の項目は支払に関する項目となります。

国債(新規財源債)や財務省証券の発行など資金調達に関する受払については、「国債等」、「国庫短期証券等」に計上され、「一般会計」には含まれていません。対民収支上の「一般会計」は、「租税」に特別会計分も含めて計上し、交付税及び譲与税配付金特別会計の受払を「地方交付税交付金」として計上するなど、国の予算上の一般会計と構成内容が若干異なっております。

出所:財政資金対民間収支(財務省)

一般会計 – 財政統計

国における会計区分の一つで、租税などの収入を財源として国の基本的・一般的な支出を経理する会計。他に特別会計がある。

一般会計 – 日本の財政を考える

税収などの収入により国家の基本的・一般的な支出を行う会計。
出所:日本の財政を考える(財務省)