ハロウィン効果

読み方:ハロウィンこうか
英語表記:Halloween effect

ハロウィン効果とは、毎年10月31日のハロウィンを境に株価が上昇する、というアノマリーである。

ハロウィン効果に従えば、ハロウィンの頃に株式を買っておくとよいということになる。その根拠としては、10月末頃の大手ヘッジファンドによる決算の調整売りが挙げられる。調整売りが出た時点が株価の底値となって、その後、株価は上昇することが多い。

ちなみに、ハロウィン効果と逆のアノマリーに「セルインメイ」(sell in May)がある。5月は株価が高いので売るとよい、というアノマリーである。

日経平均株価の10月末の価格と翌年5月末の価格を示したのが下の表である。翌年5月末の日経平均株価が、10月末の価格を上回ったのは、8回中6回という結果だった。

日 付 終 値 上昇率
2010年10月 9,202.45
2011年5月 9,693.73 5.34%
2011年10月 8,988.39
2012年5月 8,542.73 -4.96%
2012年10月 8,928.29
2013年5月 13,774.54 54.28%
2013年10月 14,327.94
2014年5月 14,632.38 2.12%
2014年10月 16,413.76
2015年5月 20,563.15 25.28%
2015年10月 19,083.10
2016年5月 17,234.98 -9.68%
2016年10月 17,425.02
2017年5月 19,650.57 12.77%
2017年10月 22,011.61
2018年5月 22,201.82 0.86%