スポンサーリンク

在職老齢年金

スポンサーリンク

在職老齢年金

60歳以降在職しながら受ける老齢厚生年金を在職老齢年金といい、賃金と年金額に応じて年金額の一部または全部が支給停止されます。具体的には、60から65歳までの間は、賃金と年金額の合計額が28万円を上回る場合、賃金の増加2に対し、年金額1を停止し、賃金が46万円(平成23年度の額)を超える場合、賃金が増加した分だけ年金額を停止します。在職中の一律2割の年金の支給停止は、60歳台前半の就労を阻害しないよう、平成16(2004)年改正により、平成17(2005)年4月から廃止されました。65から70歳までの間は、賃金と年金額の合計額が46万円(平成23年度の額)を超える場合、賃金の増加2に対し、年金額1を停止します(ただし、基礎年金は全額支給)。また、70歳以降についても、平成16年改正により、平成19(2007)年4月から、60歳台後半と同じ取扱いとなります(ただし、保険料負担はなし)。

出所:日本年金機構

在職老齢年金

年金受給年齢に到達している方が、在職しながら受け取る年金のことで、賃金と年金の合計額に応じて、一部または全部が支給停止される。

出典:厚生労働省

タイトルとURLをコピーしました