間接発行

発行者が仲介者を通じて広く投資家を募る方法である。証券市場の専門家である証券会社等の募集力、信用力を活用できることが利点である。

委託募集

発行者が他の会社に募集を委託する方法。受託会社は必要な事務手続や募集行為を行うが、応募額が社債総額に達しないときは応募不足額を引き受ける責任がないため、債券が成立しないという危険がある。したがって、実際にはほとんどのものが、次の引受募集の形で行われている。

引受募集

発行者が引受会社と、募集取扱い並びに残額引受の契約を結び、募集を委託するとともに、募集額が発行総額に満たない場合には、残額を引受会社に引き取らせて債券を成立させる方法である。これにより、債券不成立の危険が避けられ、発行者は確実に資金調達を行うことができる。シ団引受による公共債はこの形式により発行される。

総額引受

発行者が特定者(証券会社、銀行等)と契約して、発行総額を一括して引受けさせる方法。銀行等引受債の引受けにこの例が多い。

出典:一般財団法人地方債協会