スポンサーリンク

金利変動リスク

スポンサーリンク

金利変動リスク

金利の変動によって、損益が変動するリスクをいいます。例えば、負債の借換が生じた際に、従前より高い金利で資金を調達することとなった場合、調達金利が貸付金利を上回り(逆ざや)、損失を蒙る可能性があります。
なお、財政投融資特別会計においては、財政投融資改革以降のALMにより、金利変動リスクを減少させてきましたが、貸付の大半が元金均等、元利均等償還型のキャッシュフローであるのに対して、調達が満期一括償還型のキャッシュフローであることから、マチュリティ・ギャップを完全に解消することは困難であり、現在でも一定の金利変動リスクを負っています。
(関連)「ALM」、「金利スワップ取引」、「金利変動準備金」、「デュレーション・ギャップ」、「マチュリティ・ギャップ」
出所:財政投融資リポート(財務省)

金利変動リスク

金利の変動によって、損益が変動するリスクをいいます。例えば、負債の借換が生じた際に、従前より高い金利で資金を調達することとなった場合、調達金利が貸付金利を上回り(逆ざや)、損失を蒙る可能性があります。
なお、財政投融資特別会計においては、財政投融資改革以降のALMにより、金利変動リスクを減少させてきましたが、貸付の大半が元金均等、元利均等償還型のキャッシュフローであるのに対して、調達が満期一括償還型のキャッシュフローであることから、マチュリティギャップを完全に解消することは困難であり、現在でも一定の金利変動リスクを負っています。
出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

 

タイトルとURLをコピーしました