スポンサーリンク

金利スワップ取引

スポンサーリンク

金利スワップ取引

金利スワップ取引とは、固定金利と変動金利を交換する取引であり、具体的には、契約者間であらかじめ定めた元本(想定元本)に基づき、半年毎に固定金利と変動金利の交換を行うものです。
なお、金利スワップは、資産・負債双方のデュレーションに影響を与えるため、適切な取引を行うことにより、デュレーションギャップの調整に活用できると考えています。
出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

金利スワップ取引

様々な金利変動リスクをヘッジすることを基本的な目的として、異なる種類の金利の支払いを一定期間にわたって交換する取引。
出典:政策評価実施計画(財務省)

金利スワップ取引

金利スワップ取引とは、契約者間であらかじめ定めた元本(想定元本)に基づき、半年毎に固定金利と変動金利の支払いの交換を行う取引のことです。金利スワップ取引は、資産・負債双方のデュレーションに影響を与えるため、デュレーション・ギャップの調整が可能です。
出所:財政投融資リポート(財務省)

タイトルとURLをコピーしました