スポンサーリンク

JavaScript

ネットスケープ社とサン・マイクロシステムズ社が共同で開発したホームページに埋め込むことができるスクリプト言語。 JavaScriptは、静的な文字と画像しか表示できなかったWebページに、動きを付け加えたり、利用者の操作に合わせた処理を実行できるようにしたりすることを目的として開発された言語です。 Javaが言語のベースになっているため、Javaという名前が付いていますが、実際にはまったく別の言語です。現在は、事実上のWebページ用の標準的なスクリプト言語となっています。
出典:国民のための情報セキュリティサイト(総務省)

タイトルとURLをコピーしました