スポンサーリンク

LHV

低位発熱量。燃料を燃焼させたときの発熱量から水蒸気の凝縮潜熱を差し引いたもので、燃料電池などエネルギー機器の熱効率を示す際に用いられる。なお、凝縮潜熱を含む場合はHHV(高位発熱量)として表す。

タイトルとURLをコピーしました