M3

読み方:エムスリー
M3とは、マネーストック統計(マネーサプライ統計)で用いられる指標のこと。
M3の対象金融機関は、日本銀行をはじめ、国内銀行、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫、ゆうちょ銀行、全国信用協同組合連合会、信用組合、労働金庫連合会、労働金庫、信用農業協同組合連合会、農業協同組合、信用漁業協同組合連合会、漁業協同組合などである。
M3の内訳は、現金通貨と預金通貨、および、準通貨、CD(譲渡性預金)である。
現金通貨は、銀行券発行高と貨幣流通高の合計である。
また、預金通貨は、当座、普通、貯蓄、通知、別段、納税準備といった要求払預金から調査対象金融機関の保有小切手・手形を差し引いたものである。
そして、準通貨は、定期預金、据置貯金、定期積金、外貨預金の合計である。
なお、マネーストック統計(マネーサプライ統計)で用いられる指標には、M1、M2、M3、広義流動性がある。