収益還元法

原価法、取引事例比較法と並び、物件価額(Value)を求める鑑定評価の基本的な一手法で、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現価の総和を求めるもの。純収益を還元利回りで還元して、対象不動産の価格を求める。
出典:日本政策投資銀行