金銭債権信託

信託の引受に際して、金銭債権を信託財産として受け入れ、その債権の管理・処分を目的とする信託のこと。金銭債権とは、金銭の給付を目的とする債権であり、信託業法4条3項に、信託会社がなし得る受託財産の種類として 掲げられており、引受の対象となる金銭債権の種類については特に定めはない。この信託の代表的なものとして、住宅ローン債権を信託する住宅ローン債権信託がある。
出典:日本政策投資銀行