ネックライン

ネックラインとは

英語表記:neck line

ネックラインとは、ダブルボトムのチャートにおいて、高値の地点を通り、1番底と2番底を結ぶラインと平行なラインのことである。ダブルトップのチャートでは、安値の地点を通り、1番天井と2番天井を結ぶラインと平行なラインのことである。ネックラインは、株式相場やFX相場においてチャートを分析する手段の1つとして用いられることが多い。

ダブルボトムとダブルトップでのネックラインのパターン
ネックライン・ダブルボトムとダブルトップの場合

逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)のパターンでは、ショルダー(左肩)とヘッドの間の高値と、ヘッドとショルダー(右肩)の間の高値を結んだラインがネックラインである。また、三尊(ヘッドアンドショルダートップ)のパターンでは、ショルダー(左肩)とヘッドの間の安値と、ヘッドとショルダー(右肩)の間の安値を結んだラインがネックラインである。

逆三尊と三尊でのネックラインのパターン
ネックライン・逆三尊と三尊の場合

ネックラインで売買のエントリーポイントを知る

株式相場やFX相場のチャート分析をする際に、ネックラインをうまく使うことによって、売買のエントリーポイントを知ることができる。ダブルボトムや逆三尊では買いのエントリーポイントを知ることができ、ダブルトップや三尊では売りのエントリーポイントを知ることができる。

ネックライン:買いのエントリーポイント

ダブルボトムでの買いのエントリーポイントは、2番底(2回目の下押し)をつけた後に上昇に転換し、ネックラインを下から上へ突き抜けた所である。また、利益確定売りのエントリーポイントは、2番底とネックラインとの価格幅ぶんだけ上昇した所である。なお、ダブルボトムが形成されることを予測して、2番底を確認した直後に押し目買いに踏み切る投資家もいる。

逆三尊では、右側のショルダーを確認した後に上昇に転換し、ネックラインを下から上へ突き抜けた所が買いのエントリーポイントである。また、利益確定売りのエントリーポイントは、ヘッドとネックラインとの価格幅ぶんだけ上昇した所である。

ネックラインの買いのエントリーポイント
ネックライン・買いのエントリーポイント

ネックライン:売りのエントリーポイント

ダブルトップでの売りのエントリーポイントは、2番天井をつけた後に下降に転換し、ネックラインを上から下へ突き抜けた所である。また、買い戻しのエントリーポイントは、2番天井とネックラインとの価格幅ぶんだけ下降した所である。

三尊では、右側のショルダーを確認した後に下降に転換し、ネックラインを上から下へ突き抜けた所が売りのエントリーポイントである。また、買い戻しのエントリーポイントは、ヘッドとネックラインとの価格幅ぶんだけ下降した所である。

ネックラインの売りのエントリーポイント
ネックライン・売りのエントリーポイント

上昇トレンド下降トレンドにおけるネックライン

ネックラインは、水平なラインを描くとは限らない。右肩上がりだったり、右肩下がりだったりするパターンもある。

相場が上昇トレンドにある時にダブルボトムが出現すると、ネックラインは水平ではなく右肩上がりのラインを描く。ネックラインを超えた時は強い買いのエントリーポイントで、トレードのチャンスである。一方、下降トレンド中のダブルボトムでは、ネックラインは右肩下がりの線を描く。ネックラインを超えたとしても、上昇トレンドに転換しない限り、強い上昇は望めない。

下降トレンド中にダブルトップが出現するパターンでは、ネックラインは右肩下がりの線を描く。ネックラインを超えた時は強い売りのエントリーポイントとなりトレードのチャンスである。一方、上昇トレンドにある時にダブルトップが出現するパターンでは、ネックラインを超えたとしても、下降トレンドに転換しない限り、大きく値を下げるような相場にはなりづらい。

上昇トレンド・下降トレンドにおけるネックラインのチャート例
ネックライン・上昇トレンドと下降トレンド

逆三尊や三尊でも、ネックラインが水平にならずに、右肩上がりをしたり右肩下がりをしたりするパターンがあるが、ダブルボトム・ダブルトップと同じように考えることができる。