通知カード

日本に住民票がある人全員に送られる緑色の紙製のカードで、住民のひとりひとりにマイナンバーを通知するもの。
マイナンバー制度がスタートした際は、2015年10月から12月にかけ、J-LISから郵送された。 以降は、出生や国外からの転入等により、新たに住民登録された方にマイナンバーが指定され、J-LISから郵送される。
なお、通知カードはマイナンバーの確認には使用できるが、一般的な本人確認書類としては使用できない。
出典:マイナンバー制度に関する用語(内閣府)