善管注意義務

過失の前提として要求される注意義務の程度を表すものであり(民法第644条)、賃貸借・使用貸借における借主の義務(第594条・第616条)等も広く善管注意義務の中に包含される。プロジェクトファイナンスやアセットファイナンスにおいては、SPCから各業務の受任者に対する各種委任契約における受任者や、賃貸借契約における賃借人に対して契約上善管注意義務を課すことが多い。
出典:日本政策投資銀行