オフバランス

オフバランスとは、資産を親会社のバランスシートから外し、自己資本比率の向上や資金調達総額の圧縮を図ることである。金融情勢の変化等を背景に、事業費が巨額で投資回収にも長期を要するものは、事業主体となる企業が自ら資金調達を行い、事業リスクを全面的にとることが難しくなってきているが、リスクを親会社から切り離し、関係当事者間で分散させることもオフバランス化の意義である。
出典:日本政策投資銀行