オーバーラップ法

新旧商品が同一条件の下で、一定期間並行販売されており、その間、新旧商品の価格比が安定している場合、新旧商品の価格差をすべて品質変化による価格変動分とみなして処理する方法。

出典:日本銀行