スポンサーリンク

PLAN-DO-SEE

資産運用における投資戦略の策定から運用評価まで反復・連続した一連のプロセス。まず「Plan(計画)」で運用基本方針に基づき運用目標やリスク許容度などを決定し、政策アセット・ミックスを策定する。そして資産内の運用スタイル構成比を決定し、それに応じたマネジャー・ストラクチャーを構築する。次に「Do(実行)」では、具体的に運用機関を選択し、各運用機関に運用ガイドラインの提示を行う。さらに「See(管理)」では、運用結果の分析・評価を行うとともに、運用環境の変化などを加味して、Plan(計画)へのフィードバックが行われる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました