PML

予想最大損失率。建物の耐震性能を評価する際によく用いられる災害損失の指標で、ある想定する規模の地震 により当該建物が被害を受けたとき、被災前の状態に復旧する補修工事費の、総建替工事費に対する割合。一般的には、50年間に10%以上の確率で起こりうる規模の地震(475年周期に1度の頻度で超過されることが 予測される地震に相当)における損失の期待値。PMLが一定割合を超えると地震保険等のリスク対策が必要。
出典:日本政策投資銀行