陽の寄り付き坊主

読み方:ようのよりつきぼうず
同義語:陽の寄付き坊主
対義語:陰の寄り付き坊主

陽の寄り付き坊主とは、寄り切り線の1つで、上ひげのある大きな陽線を描いたローソク足のこと。陽の大引け坊主とともに、大陽線と呼ばれている。

陽の寄り付き坊主は、相場のある期間において始値安値となり、引けに向かって大きく値を上げ、引けに少しだけ値を下げた場合である。

陽の寄り付き坊主は、強い買いの線であり、市場心理としては買いの姿勢が持続されることが多い。一般的に、陽の寄り付き坊主が出現したら買いのサインといわれている。

陽の寄り付き坊主と同様に、買い姿勢が持続されるローソク足には、陽の丸坊主、陽の大引け坊主、下影陽線、下影陰線などがある。また、陽の寄り付き坊主とは逆に、強い売りの線を陰の寄り付き坊主という。

陽の寄り付き坊主のローソク足
陽の寄り付き坊主