チェンマイイニシアティブ

別名:CMI
英語表記:Chiang Mai Initiative
1997年~98年のアジア通貨危機のような事態を防止するため、2000年5月に開催されたASEAN+3(日中韓)財務大臣会議(於:タイ・チェンマイ)で合意された二国間通貨スワップ取極(BSA)のネットワーク構築等を内容とするイニシアティブ。2006年5月4日現在、ASEAN+3域内で16件、750億ドル相当の二国間通貨スワップ取極が締結されている。我が国はこれまでに、韓国・タイ・フィリピン・マレーシア・中国・インドネシア及びシンガポールと同取極を締結した。
出所:国際関係略語集(財務省)