公共事業費

国や地方自治体が、市場経済のみでは供給が困難な公共施設の整備を行うために必要な経費です。
公共事業には、事業主体別に、(1)直轄事業、(2)補助事業、(3)地方単独事業、(4)その他がありますが、国の予算における公共事業費は、(1)直轄事業と(2)補助事業のみとなります。

財政資金対民間収支(対民収支)上の「公共事業費」には、一般会計歳出における公共事業関係費の現金支払額が計上されます。本項目における例年の支払傾向をみると、前年度出納整理期払が多額となる4月、年末決済のある12月、完成払が集中する3月等が支払の大きな月となっています。
出所:財政資金対民間収支(財務省)