国債(1年超)

財政資金対民間収支(対民収支)上の項目の一つで、割引短期国庫債券(TB)を除いた国債の発行及び元本償還(返済)に伴う現金受払が計上されています(利払費は「特別会計等」の「その他」に計上されます)。「国債(1年超)」の受払傾向としては、国債償還が多額となる6、9、12、3月については支払超過となり、他の月は受取超過となる傾向があります。

なお、TBについては、平成21年2月から、国庫短期証券として政府短期証券と統合発行されているため、その発行・償還に伴う現金受払は対民収支上も「国庫短期証券」に計上されます。
出所:財政資金対民間収支(財務省)