マチュリティギャップ

各期間における資産(貸付金の回収など)及び負債(財投債の償還など)の満期額の差を、マチュリティギャップといいます。このギャップがある場合、資産の再運用と負債の再調達の時期にズレがあり、金利変動リスクが生じることとなります。
出所:財政投融資の基礎知識(財務省)