スポンサーリンク

契約

2人以上の当事者が合意することによって、法的な権利義務関係が発生する行為。簡単に言えば、法的に保護される約束のこと。

契約は、申し込みの意思表示とそれに対応する承諾の意思表示が合致することによって成立する。例えば売買契約では、買い手の「買いましょう」と売り手の「売りましょう」という口頭による合意(口約束)で、契約は成立する。この場合、契約書は法律の定めがないかぎり、契約の成立要件にはならない。

いったん契約が成立すると、その内容に基づいて当事者は自己の義務を果たさなければならない。したがって、契約内容を実行しないなどの違反に対しては、損害賠償などの制裁が加えられることもある。

なお、訪問販売におけるクーリング・オフなど一定の条件の下で、一方的に契約を解除できる場合もある。
(出所:金融広報中央委員会)

タイトルとURLをコピーしました