スポンサーリンク

キャッシュレス社会

現金を使用しなくても、小切手や口座振替、クレジットカードなどによって代金、債務の決済が行われるようになった社会のこと。特にアメリカで発展してきたといわれる。

手元の現金の受け渡しがないまま、給与が銀行などに振り込まれたり、商品やサービスの購入代金の支払いが可能となることから、多額の現金を持ち歩く必要がないことや振り込みに行く時間や手間が省けるという利便性がある反面、収支の実感が伴わず、衝動買いや多重債務に陥りやすいという難点がある。

あらためて、それに対応した家計管理の必要性が指摘されている。
(出所:金融広報中央委員会)

タイトルとURLをコピーしました