スポンサーリンク

円転義務

外貨建資産を売却する場合に必ず円に替えなければならないという義務。例えば、米国債(ドル債)から英国債(ポンド債)に資産を入れ替える際に、必ず一旦ドルを円に替え、その後円をポンドに替えることが義務づけられ、その度ごとに為替取引に伴う手数料負担が生じていた。1998年4月、外為法の改正にあわせ、円転義務は廃止されている。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました