スポンサーリンク

インフォメーション・レシオ

リスクを加味した超過収益(いわゆるアルファ)の尺度で超過収益獲得の効率性を示す数字として用いられている。この尺度は、対ベンチマークの超過収益率を超過収益率の標準偏差(いわゆるトラッキング・エラー)で割って計算する。
 例えばトラッキング・エラーが4%、超過収益が2%のファンドの情報比は2%÷4%=0.5となる。
 この数値が大きいほど、リスク1単位あたりの超過収益が高いことを示し、アクティブ運用の効率が高いということになる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました