スポンサーリンク

運用ガイドライン

資産構成割合および許容幅、運用手法、運用成績の評価方法等、年金運用責任者が各運用機関に対して運用を行うにあたって遵守すべき事項を示した指針のこと。運用ガイドラインは各運用機関と協議の上、各運用機関に対し個別に示されるが、事業主(法人)及び基金全体の運用の基本方針と整合的でなければならないとされている。2000年3月(施行は同6月)に行われた厚生年金保険法の改正により、「基本方針」と「運用ガイドライン」の区分が明確化され、「基本方針」に定める事項、「運用ガイドライン」により運用機関に示す事項がそれぞれ規定された。運用ガイドラインに記載する事項は以下のとおり。

資産構成に関する事項
運用手法に関する事項
運用業務に関する報告の内容及び方法に関する事項
運用機関の評価に関する事項
運用業務に関し遵守すべき事項(例:デリバティブの利用方法)
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました