スポンサーリンク

運用スタイル

投資の基本哲学、戦略、手法の相異等に基づき類型化された資産運用の形態。代表的な例としては、アクティブ(積極的に市場予測を立てて超過収益をねらう運用手法)とパッシブ(市場予測に基づかない運用手法。インデックス運用など)、株式アクティブ運用における超過収益の源泉の違いによる成長株(グロース)型、割安株(バリュー)型等がある。
 また、アプローチ方法の違いを運用スタイルと称することもある。トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチがその例で、システム運用とリサーチ・アクティブ運用という分類もある。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました