スポンサーリンク

運用の基本方針

事業主(法人)及び基金の資産運用にあたっては、母体企業のリスク負担能力や事業主等の成熟度、資産規模や運用管理体制など自らの実状を踏まえ行う必要がある。このため、資産運用の目的、資産構成に関する事項など事業主等の資産運用に関する基本的な事項について、事業主等の関係者が意思統一等を行うことを目的として文書化された方針のことを「運用の基本方針」という。運用基本方針の作成は、法令(厚生年金保険法第136条の4、確定給付企業年金法施行令第45条)上義務化されている。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました