スポンサーリンク

分別管理義務

広義には、業務に伴い預っている顧客資産を自社の資産から明確に分離する義務である。狭義には信託における義務の一つとして、顧客資産の保全、忠実義務違反の未然防止を目的に、信託勘定の資産と信託銀行の固有財産(銀行勘定)との間での分別管理のほか、原則として信託財産相互間においても、各々の資産を分離して管理しなければならないという義務を指す。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました