スポンサーリンク

プラスアルファ部分

厚生年金基金は、老齢厚生年金の一部(代行給付)を代行し、これを上回る給付を行わなければならないとされており、この代行給付に上乗せして支給する独自の給付区分のこと。一方、代行給付を支給する給付区分を「代行部分」という。
 このプラスアルファ部分は、代行給付と一体化して給付する「基本プラスアルファ部分」と、退職一時金制度を移行するなど、独自に設計した給付である「加算部分」とに分類できる。
 なお、基本プラスアルファ部分の上乗せ給付には、金額の上乗せの他に、老齢厚生年金が(支給要件を満たしていない、在職中で支給停止されている等の理由により)支給されない場合に代行給付相当額を支給することも含まれており、後者の給付を「独自給付」という。厚生年金基金が代行返上して確定給付企業年金に移行した場合でも、この独自給付は引き継がれることになる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました