スポンサーリンク

発生主義会計

運用取引、収益、費用を会計処理する際に、実際の入金時点ではなくて、権利、義務が発生した時点でこれらを認識して会計処理をすること。
 有価証券の取引を発生主義で認識する場合は、実際に受け渡しが行なわれる日に認識する(=受渡ベース)のではなく、取引が成立した日(約定日)に資産として認識する(=約定ベース)。発生主義会計では、収益は実際に払い込まれる前に会計上認識され、取引成立後から実際に受け渡しが行なわれる間、時価の変動の影響をうける。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました