スポンサーリンク

バックローディング

若い年齢層では会社への貢献度に比べて退職給付の増加額が相対的に小さく、中高年層では会社への貢献度に比べて退職給付の増加額が相対的に高いという退職給付カーブのことで、「後荷重」ともいう。年功序列的な退職給付制度に多く見られる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました