スポンサーリンク

平均残存勤務期間

退職給付会計において、数理計算上の差異および過去勤務費用の各期の発生額を将来にわたって費用化するための基準となる期間。従業員が決算日から退職するまでの平均勤務期間のことであり、原則として、退職率と死亡率を加味して算定する。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました