スポンサーリンク

評価損益

評価損益とは、運用収益の中の未実現損益の一つで、キャピタル・ゲイン(ロス)でいえば、実際に売らないとしても(実現しなくても)、売った場合(実現した場合)に得られるであろう収益(被るであろう損失)を、「含み損益」あるいは「評価損益」と呼ぶ。つまり、保有している資産を売ったと仮定した場合の価格(時価)と、その資産を買ったときの価格(簿価)との差が評価損益となる
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました