スポンサーリンク

ビルディング・ブロック方式

資産のリターンをいくつかの構成要素に分解し、個々の要素について予測値を置き、それらの積み上げを行って将来のリターンを予測する推計方式をいう。リターンを各資産に共通するベース部分(例:実質経済成長率やインフレ率)と資産間の安定的な収益率格差(リスク・プレミアム)などに分解することでリターンの構造を明らかにするため、経済的な意味付けがしやすい。ただし、リスク・プレミアム部分については、基本的にヒストリカルデータ方式に基づき推定するのが一般的である。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました