スポンサーリンク

ポイント制

企業の退職金制度において、従業員の勤務1年毎にポイントを付与し、その累積を退職金として支払う方式。
一般に、勤続年数1年につき公平に付与される「勤続ポイント」と、個々の従業員の能力や貢献度などに応じて付与される「職能ポイント」の合計を退職金に反映するケースが多い。
従来の「退職時の基準給与×勤続年数別支給率」で計算される退職金制度に比べ次のような特徴がある。

・実際の給与に退職金がリンクしないため、給与のベースアップに比例して退職金水準がアップしてしまうことを避けられる。
・退職金から年功的要素をある程度排除することが可能となる。
なお、ポイント制の年金を実施するには、職能資格・昇格基準が就業規則等に明記してあることが必要。
また、従業員間に極端な差が生じないよう最低と最高のポイントに過大な格差がないこと、数理計算ができること等の条件が設けられており、完全な実績主義にはしにくいのが実情。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました