スポンサーリンク

乖離率

実際の転換社債(CB)の時価とパリティ価格(転換社債を株式に転換したときの価値を示す尺度)との価格差(乖離幅)をパリティ価格で割った指標である。これは転換社債の時価が株価の水準に比べてどれだけ割高か、あるいは割安なのかを示す指標で、乖離率がプラスの場合(順乖離)、転換社債は株式に比べて割高といえ、乖離率が逆にマイナスの場合(逆乖離)、株式に比べて割安といえる。
乖離率(%)=(市場価格?パリティ価格)/パリティ価格×100
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました