スポンサーリンク

過去期間代行給付現価

厚生年金基金において、過去の加入期間に係る代行給付相当額(政府負担金部分を除く)の現価を、全基金同一の方法(予定利率は4.1%、予定死亡率は平成21年改正死亡率)で算定したもの。
 最低責任準備金がこの過去期間代行給付現価の1/2を下回った場合は、その下回った額に応じて国から「給付現価負担金」が交付され、1.5倍を上回った場合は、その上回った額に応じて免除保険料率が引き下げられる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました