スポンサーリンク

加算型

代行型、共済型とともに、厚生年金基金の給付形態による区分の1つで、最も多く採用されている形態である。厚生年金保険の老齢厚生年金と同じ方式で設計された基本部分と、企業独自の体系により設計された加算部分とからなる給付形態をいう。基本部分の年金(基本年金)は、厚生年金保険の老齢厚生年金(物価スライドおよび再評価部分を除く)を代行した部分に企業の実情に合った給付を一定の割合で上乗せした設計であるが、加算部分の年金(加算年金)は基金独自の給付部分であり、弾力的な設計が認められている。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました