スポンサーリンク

回廊アプローチ

米国会計基準では、未認識数理計算上の差異が期首の予測給付債務(PBO)または年金資産のいずれか大きい方の10%を超えた場合、その超えた額を一定期間(最長で従業員の平均残存勤務期間)で費用処理することとなっている。これを「回廊(コリドー)アプローチ」という。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました