スポンサーリンク

確定給付型年金

企業が従業員と給付の内容を約束し、高齢期において従業員がその内容に基づいた給付を受けることができる年金制度で、「給付建て年金」ともいう。年金資産を一括して運用し、運用のリスクは企業が負うこととなる。確定給付型年金には、厚生年金基金、確定給付企業年金(基金型、規約型)がある。
 なお、DB(=Defined Benefit Plan)とは「確定給付型年金」を意味するが、わが国においては確定給付企業年金(基金型、規約型)を指す略称として用いられることが多い。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました