スポンサーリンク

過去勤務費用

退職給付会計において、退職給付水準の改定や新たな企業年金制度の採用などに起因して発生した退職給付債務の増減額のこと。
 なお、退職給付会計における過去勤務費用のうち、当期末時点で費用処理されていない金額を「未認識過去勤務費用」といい、この未認識過去勤務費用については、原則として、各期の発生額を平均残存勤務期間以内の一定年数で按分して、将来にわたって費用処理が行われる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました