スポンサーリンク

現金主義会計

現金主義とは、現金の収支により費用と収益を計上すること。発生主義会計以前の会計ではよく使われていたが信用取引が発達し、現金の収支と物の消費のタイミングが一致しなくなったことから、企業の努力と成果をきちんと表示することができなくなったため徐々に発生主義に変わられつつある。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました