スポンサーリンク

規約型確定給付企業年金

確定給付企業年金制度における制度運営方法の一つで、労使が合意して作成した年金規約をもとに母体企業(事業主)が運営する。年金規約は厚生労働大臣の承認が必要。適格退職年金(注記)と似た仕組みだが、受給権保護を強化するため、積立基準や受託者責任の明確化等がなされている。

注記:適格退職年金は、平成24年3月末をもって廃止された。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました