スポンサーリンク

合同運用

複数の契約の資金を同一の勘定でまとめて運用する手法。生命保険会社の商品では一般勘定、特別勘定第1特約が、信託銀行では年金信託や年金指定単の年金投資基金信託(年投口)がこれにあたる。合同運用では、各契約ごとの資金は少額であってもこれをまとめて相当の規模で運用するため、多数の資産や銘柄に投資することができ、リスク分散が可能となるというメリットがある。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました