スポンサーリンク

マーケット・インパクト・コスト

自らの売買行動によって生じる取引価格の変動によるコスト。例えば、ある銘柄に買い注文を出すと、市場での需給関係が変化し、注文を出す以前よりも取引価格が上昇するといったように、発注者自身にとって不利な方向(売り注文のときは、価格の下落)へ価格が動く。一般に大量の銘柄の売買を発注する場合や流動性の低い銘柄の場合には、マーケット・インパクト・コストは大きくなる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました